テクノサーチあれこれ

定年後も安心

弊社には、経験豊富なシニア技術者が多数活躍しています。
当社のサーチャーの平均年齢は61歳です。(※ 2017年1月現在)
定年は65歳の属する年の年度末(3月末日)ですが、定年後も嘱託社員として多くのサーチャーが勤務しています。
原則入社3年目以降から、業務量選択制度があり、業務量と年間報酬予定額を増減することができます。(※ 本人の希望と会社の判断によります。)
気力・体力・職務能力が続く限り定年後も長く働くことが出来ます。

サーチャーの年齢分布

充実した設備と快適な職場環境

サーチャーは各自、特許庁と専用回線で繋いだデスクトップパソコン2台と、インターネット回線で繋いたノートパソコン1台を使用しています。
一人あたりの執務環境は余裕のあるスペースを確保し、業務に集中できる環境づくりに努めています。
社内には観葉植物を多く設置し、お茶・コーヒーが無料で飲める給茶機を備え付けています。

サーチャー執務室の様子

強力な支援体制

サーチャーの支援を行う企画業務部においては、業務が円滑に進むよう、様々なサポートを行っています。
特許庁への納品物の管理や納期チェック、対話スケジュールの管理、オンライン対話の準備、パソコンのヘルプデスク、システム管理等、多岐にわたる業務を各自で分担してサーチ業務をサポートしています。

強力な支援体制

同好会活動を奨励しています。

現在11の同好会が活動しています。
他部門の社員との交流や業務の合間のリフレッシュに大いに役立っています。
現在活動中の同好会は以下の通りです。

  • ・囲碁将棋同好会
  • ・釣ろう会
  • ・ボーリング同好会
  • ・テニス愛好会
  • ・カラオケ同好会
  • ・お掃除クラブ
  • ・ゴルフ同好会
  • ・ATHLETE CLUB
  • ・対話技術向上同好会
  • ・シアター同好会ソアレ
  • ・ルーキーフォロー会
  • ゴルフ同好会
    ゴルフ同好会
  • 釣ろう会
    釣ろう会
  • テニス愛好会
    テニス愛好会

健康管理

元気に働くためには健康であることが必須です。当社の平均年齢を考慮して、健康診断は法令以上の充実した内容を実施しています。
また、パソコンに長時間向かう仕事であるため、眼の定期検査(VDT検診)を年に1度実施しています。

VDT検診
VDT検診

懇親会

年に3度、全社員が一同に会しての懇親会を行っております。
12月の忘年会は、毎年新人サーチャーを幹事としたゲーム大会が催され大いに盛り上がります。
また、3ヶ月に1度、同じ部に属する社員が集まって懇親会を開催し、部内の交流を図っています。

懇親会イメージ 懇親会イメージ

快適で便利な立地

当社が立地する名古屋市中区伏見地区は、名古屋駅から地下鉄で1区間という抜群の好立地である上に、自然と文化が調和する過ごしやすい地区となっています。
当社の目の前は緑豊かな白川公園が位置しており、昼休みや業務の合間にリフレッシュするにはとても良い環境です。
周辺には御園座、名古屋市科学館、名古屋市美術館、しらかわホール等の文化施設があり、飲食店も数多くあるのでランチの場所に困りません。ショッピングに便利な栄や電気店街のある大須も徒歩圏内です。
当社が入居する名古屋商工会議所ビルは、中部経済産業局特許室、日本弁理士会東海支部、複数の弁理士事務所などが入所し、知的財産関連機関が集合した東海地域随一の「知的財産ビル」です。

  • 白川公園
    白川公園
  • 御園座
    御園座
  • 名古屋市科学館
    名古屋市科学館
  • 名古屋商工会議所ビル
    名古屋商工会議所ビル

先輩社員の声

※先輩社員に仕事の事、研修の事、日々の生活等について聞いてみました。

先輩社員の声1-1 先輩社員の声1-2

2013年入社 / 電気関連出身

入社直後に受講する調査業務実施者育成研修の感想
約50日間の研修では覚えることが多く、時間も充分にはありませんので、結構厳しい研修だなと感じました。研修館で実施される基礎研修以外に、テクノサーチの講師陣による事前補講や補充研修で必要な知識を補足して頂けたのは有難かったです。同期の研修生とは研修中の宿泊先ホテルに戻ってからも一緒に復習会をしたりして共に頑張りましたので、全員無事修了できたときは嬉しかったですね。
これから入社し、研修にチャレンジする方は、とにかく時間が足りないので研修スケジュールに捉われず、自主的に先行して学習を進めていくことをお勧めします。

研修修了後 実務に入ってから
研修を無事修了し、サーチャーとしての実務に入ってから2年間は調査件数が少なく設定されていますが、調査開始当初は慣れないことが多く、苦戦していました。仕事の流れやコツを掴んだのは、業務を開始して半年程経ってからでしょうか。数年前から外国文献調査がはじまり、外国語文献の読解が増えましたが、翻訳ソフトが充実していますので高度な英語力がなくても大丈夫です。

先輩社員の声2-1 先輩社員の声2-2

2011年入社 / 製造業出身

サーチャーから指導者へ
サーチャーとして約6年経験を積んだ後、副部長を経て部長となりサーチャーの指導、管理を行う立場となりました。担当する技術区分の報告書を校閲し、半分審査官の立場で検索範囲や提示文献の適合性を確認、指導するのが主な内容です。私もサーチャー時代は指導者のアドバイスに随分助けられました。近年は競合他社も増え品質・コストに対する競争も益々厳しくなる中、区分の責任者として身が引き締まる思いです。
サーチ業務は1)案件(発明内容)の正確な理解、2)類似文献(特許)の選出・報告書作成、の他 3)として1)2)の内容を解りやすく正確に審査官へ伝えることが要求されます。自身で発明する楽しみはありませんが、発見する喜び、組み合わせて成立させる楽しみがあります。最先端の技術内容にも触れることができ自分のペースで仕事を進めることができることも魅力です。皆さんも私たちと一緒に働いてみませんか?意欲のある方是非お待ちしております。

同好会活動について
私はテニス愛好会と、シアター同好会ソアレに所属しています。テニスは月1回の練習(近くの体育館等)や春、秋の合宿の他、昼休みに会社の隣の白川公園でボレーの練習をして腕を磨いています。シアター同好会ソアレは年に数回、劇団四季の公演や落語等を楽しんでいます。

先輩社員の声3-1 先輩社員の声3-2

2009年入社 / 電気関連出身

サーチャーという仕事の面白さ
技術者が今までの経験や知識を大いに活かせる仕事だと思います。ものづくりの現場を離れてはいますが、調査を通じて技術開発のトレンドが見えますし、時々ユニークなアイデアがあったりすると、案件を読んでいて楽しくなりますね。

テクノサーチの魅力とは
自分の生活スタイルに合わせて長く働くことができる職場であることが魅力だと思います。65歳定年である上に、定年を過ぎても嘱託として継続して勤務が可能です。また、業務量を選択できる制度があるため、これらの制度を活用しながら70歳前後のサーチャーも在籍しています。

仕事以外の楽しみ
数ケ月の一度の割合で気の合うサーチャー同志で飲み会を企画しています。当初は出身会社が同じ者数名で始めたのですが、最近は出身会社を問わず、多いときは20名程が集まります。様々な経歴を持つ技術者が集結していますので、話題が尽きなく、いつも盛り上がっています。